Our Servise

Grading & Packing

会社設立から間もなく、当時では珍しい養鶏場併設のGPセンターを新設。のちに各鶏舎とGPセンターをバーコンベアで繋ぎ、当日採卵したものを当日中に出荷できるインライン方式のGPセンターとして運用。 2008年には、GPセンター建設とナベル社製洗卵選別機G-NAGES3500を新規導入。
温度管理と衛生面を重要管理ポイントとして、お客様に納得していただける鶏卵製品をお届けします。

Original Feed

にわとりの健康とたまごの味を決める食事。主原料のとうもろこし、大豆、ゴマなどを季節、鶏の日齢、ビタミンなどの栄養バランスを考えて自社ブレンドした配合飼料を与えています。
主な原材料:とうもろこし、大豆粕、魚粉、生米糠、ふすま、炭酸カルシウム、飼料用油脂、食塩、プレミックス etc
※季節・鶏の種類・日齢によって配合内容を調整します。

Aviary System

2006年、Big Dutchman社製直立体型放し飼い飼育(エイビアリー)システムをアジア初導入。
止まり木でカラダを休める休息エリア、新鮮な水と飼料を提供する給餌給水エリア、落ち着いた自然な状態で産卵できる産卵エリア、砂浴び行動ができる床下運動エリアなど、立体的な広い空間を自由気ままに動き回り、鶏本来の行動欲求を満たせる「にわとりにやさしい」農場です。

Feed Rice

2009年から埼玉県の意欲のある耕種農家と連携して飼料用米を生産委託、集荷したお米を籾米のまま約1年かけて配合飼料と混合して給与します。
また、鶏糞を完熟たい肥化して飼料用米生産者の田んぼに還元することで、有機質豊富な田んぼからたくさんの飼料用米が収穫できます。

Growing

雛の健康と成長を第一に考え、産まれたばかりの雛(初生雛)を孵化場より導入、責任と愛情をもって強健で立派なニワトリになるように飼育しています。
また、国で定められている鶏病に対するワクチンの接種も育成期間中に積極的に実施することで、鶏病の発生予防に努めています。

Cage System

農林水産省が推奨する『家畜の快適性に配慮した飼養管理』に基づき、農場HACCPによる最適な鶏の健康管理と高度な鶏卵の衛生を重視した飼育管理を実践しています。

Delivery

たまご製品のほとんどを自社車両による配送便にて、破損や事故のないよう細心の注意を払いながら店舗や物流センターにお届けしています。
また、埼玉県内の一部や県外のお客様には、産みたてたまごを宅配便にてお届け。クレジットカード、銀行振込、代引き等での支払いに対応しています。