Work

屋外運動場

おはよりいでございます。

いよいよ、鳥インフルエンザの感染リスクが高まる時期に入りました。万が一、国内で鳥インフルエンザ等の家畜法定伝染病が発生した場合、屋外運動エリアへの放牧を中止しますが、その他の要因でも放牧しないこともあります。

当然、それらの要因がない場合は開放しますが、これまで開放時間等の記録をしていませんでした。【国産鶏卵の表示に関する公正競争規約及び施行規則】の放飼いの基準は『平飼いのうち、日中の過半を屋外において飼育した場合。』とまぁアバウトですし、取引先からの要望は現時点ではないですが、EU規格としてフリーレンジ(屋外放牧)卵を販売する場合にはそういった記録がたぶん必要だろうなと考え、とりあえず始めてみます。

いずれ日本でもそのような議論が起きた場合には、日本の規格に合わせて運用できれば。

コメントを残す